KANEOHE STORE

ビーチクルーザー、BMX、子供乗せ専用車、SUP等、
ビーチライフに役立つお洒落で素敵なアイテムを提案する
平塚市袖ケ浜海岸のKANEOHE STORE(カネオヘストア)

BLOG

SCHWINN RAINBOWビーチクルーザー展示会

2017年10月20日(金) 19:18

10月展示会シーズン真っ只中!定休日の水曜日にビーチクルーザーの展示会のためお江戸へ!

SCHWINNの輸入元、(株)マルイの展示会場は昨年と違う会場で行われ、近くでレインボープロダクツの展示会も開催されているのでELECTRA含め3ブランドのビーチクルーザー展示会に行って来ました。

私のSCHWINN2018年モデル一押しカラーはこれ!S1ストレートグレーボディとカラーネームなっているが、ブルーが強めのグレー!カッコいい~ので大量発注。

S1ステップスルー(レディース)フレームはこれ!エンブレスティールボディはとてもお洒落。美しい女性に乗って頂きたく大量発注。

お客様から良く聞かれること!“サーフィンやらないのにビーチクルーザー乗っていいんですか?”

ビーチクルーザーのコンセプトはビーチラインを走るため、サラサラな砂に足を取られないために2.15~の太めのタイヤを履き、ビーチを眺めながらゆったり・のんびり走るためにサドルは大きく、ハンドルもワイド、昨今はサーフボードキャリアも主流だが、サーフボードキャリアが無かった時代は、左手にサーフボードを抱えるためサーフボードのノーズがハンドルに当たらないようにハンドルの角度を前に倒し高くし、左手を使わずペダルを逆回転させる後輪のコースターブレーキは“理にかなっていて”サーファーに取って使い勝手がいい乗り物!

今回の展示会を見て、また強く感じた事は本番アメリカメーカーのビーチクルーザーを輸入するメーカーと国内で企画生産されているメーカーにも日々波乗りをし!波乗りを理解し!海を感じるひとが一人も居ないと強く感じた。展示会場の雰囲気も...

また今日もストアでお客様に“サーフィンしないんですけどビーチクルーザー乗ってもおかしくないですか?”の質問に対して!

はい!勿論です。ビーチをゆったり・のんびりお洒落に走るのに、波に乗れなくても・乗らなくても全く問題ありませんよ!笑 と答えます。

サーフボードを造るシェーパーと呼ばれる人やそれに携わるひとが“サーフィンやらない”“サーフィンを理解していない” 有り得ないこと。

ビーチクルーザーと言われるモノに携わる人達が、もっともっと波乗りをして!サーフィンを理解して!海を感じて!商談中も波の話しや地形の話しをしてくれたらと、今回の展示会でもまた強くそう思った。

(株)マルイ様の展示会大量発注の最後は、日本一美味しい有名なおせんべをお土産としてもらい、発注台数分引けるくじ引きもあり、嫁さん何度もガバッと△くじを取り!当たるはアタル!お菓子やJTB商品券やT-falまで!交通費以上にお得な恐るべしマルイ様のくじ引き!
レインボープロダクツ様の展示会はランチ付き!虹だけにKUA`AINAハンバーガー!昼食取った後だったので有難くBOXテイクアウト。

私はハンバーガーやポテト!勿論繊細な日本食も大好きだが、一番好きな食べ物はメキシカン!

カリフォルニア・ハワイ・メキシコ!今回の展示会でもストアの原点である、ビーチライフスタイルの提案!ストアのコンセプトにより邁進しなくてはならないと強く思った。

Taco Bell を日本で初めて利用したが、アメリカで初めて食べた30年以上前の衝撃とは程遠く~

年を取ったからなのか!?時代が進んだのか!?

我が家で作る“メキシカン”の方が商売成り立つと本気で思い。今度は外食産業!?!?

と何も考えず感性だけで今も生きている自分。

Only Surfers know the feeling! 一番大事なこと。